恒和会

01

あなたが主役になれる職場

法人本部 課長(採用担当)

佐伯 恵子

「真心・誠実・融和」を信念に

恒和会は在宅から入所・住まいまで多彩なサービスで地域を支えています

法人設立は1999 年。山口県柳井市、岩国市を拠点に高齢者介護施設・福祉施設を運営しています。在宅から入所・住まいまで多彩なサービスを提供しています。山口県下でも規模の大きい法人です。
「真心・誠実・融和」の理念の下、介護を究極のサービス事業と捉え、最高のホスピタリティを提供する「心通う施設」をめざしています。
法人設立当初より地域に開かれた法人を目指してきました。近年は、地域の方とともに、地域包括ケアシステムを構築のため、小規模多機能や定期巡回随時訪問を中核とした一体的な提供体制の構築を目指してきました。

写真:朝礼の様子

地域をささえる〝在宅介護〟の限界に挑戦していきます!

2021年4月には、ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石を開設します。
ゆうわ総合在宅サポートセンター土穂石は、看護小規模多機能型居宅介護事業、訪問看護ステーション、有料老人ホームをそなえる複合施設です。恒和会のこれまで進めたきた地域包括ケアシステムをより深化させた複合施設となります。

写真:ふれあいの様子

働きやすい環境整備、職員教育に力を入れています

介護施設というものは、人間のチームワークで構成されます。つまり、「働く人が一番大切」で、職員の働きやすさには、特に力を入れています。2019年度には、「やまぐち働きやすい介護職場宣言」認定企業となりました。

職員の教育やキャリアアップについては、法人独自の「目標管理制度」というものがあります。法人理念をベースとした接遇と介護技術のレベルを図る指標であるレベル評価と法人と事業所の目標を踏まえた職員個々の目標管理シートとを連動させる評価制度です。
また、職員を育てるという点ではプリセプターといって、入社初年度の職員に対し、先輩職員がマンツーマンで担当者となり、相談相手となりながら1か月・3か月・6か月と面接を行い、育成していくしくみも用意しています

写真:ふれあいの様子

職員の負担軽減のためにも、ICTの積極的な導入を進めています。現在、マットレスの下に設置したセンサーにより、入居者様の寝返りや呼吸、心拍などを測定して睡眠状態を把握する『眠りスキャン』を、老健や有料老人ホームで取り入れています。これを他の事業所や、将来的には定期巡回の訪問サービスでも設置できれば、見回りのない夜勤が実現し、職員の負担軽減や利用者様とご家族の安心にも寄与できると考えています。また、「介護記録のペーパレス化」も進め、職員の負担軽減、業務の効率化を目指します。

写真:ふれあいの様子

これから一緒に働く方、
また、そのご家族の方へ

在宅から入所・住まいまで多彩なサービスがあり、様々な経験ができます。介護の現場は、人と人とが触れ合うことにより、その方の生活に活力や潤いを提供し支えていく仕事です。そのことにより喜びを共感できるやりがいのある仕事、あなたが主役になれる職場です。

写真:集合写真
写真:集合写真