職員の業務負担軽減 恒和会では介護現場のICT化により見回りのない夜勤実現を目指しています。

恒和会では介護現場のICT化を目指しています。

その一つである眠りスキャンはマットレスの下に設置したセンサーにより、入居者様の体動(寝返り、呼吸、心拍など)を測定して睡眠状態を把握します。
眠りスキャンを活用することでケアプランの改善やスタッフの業務負担軽減、入居者の睡眠状況の把握、生活習慣の改善などに役立ちます。

 実際に眠りスキャンを導入している有料老人ホームの夜勤職員は部屋に入っての見回りは行っておらず、眠りスキャンでの安否確認のみで時間の効率化、無駄な訪室がなく入居者様の睡眠もサポートすることができます。また、一人ひとりに合わせて呼吸数や心拍数の設定ができ異常が生じるとアラームが鳴り、不眠で悩んでいる入居者様の睡眠パターンから日中の活動量、改善点が見えてくることもあります。

 現在、法人内では有料老人ホーム以外に老健でも眠りスキャンを導入しておりますが、今後は他事業所でも眠りスキャンを設置して「見回りのない夜勤」の実現を目指し、スタッフの負担軽減と入居者様とご家族様に安心して施設を利用していただき、お互いに良い信頼関係を築いていきたいです。

 今後、24時間ヘルパーの定期巡回訪問サービスでも地域に住んでいる利用者様に眠りスキャンなどのICT化を進めていくことができれば、施設と在宅との差を埋め、住み慣れた我が家で少しでも長く暮らすことができる手助けとなると考えます。ICTはその一翼を担っています。